がんばれ!オメガ3脂肪酸

毎日の健康はオメガ3にお任せ!頼れる健康効果を徹底分析

おすすめオメガ3サプリメントBEST3

オススメ第1位

「きなり」
(さくらの森)
オメガ3500mg
内容量:120粒(1ヶ月分)
初回限定:1,980円
詳しくはこちら

オススメ第2位

「EPA+DHA」
(日清ファルマ)
オメガ3470mg
内容量:90粒(1ヶ月分)
価格:5,349円
詳しくはこちら

オススメ第3位

「DHA&EPA+セサミンEX」
(サントリー)
オメガ3415mg
内容量:120粒(1ヶ月分)
初回限定:5,198円
詳しくはこちら

こんな人は注目!オメガ3脂肪酸の効果・効能

ω(オメガ)-3とは、DHAやEPA、DPAを含む不飽和脂肪酸の総称です。
ω(オメガ)-3には、血圧を下げる、血液をサラサラにする、脳細胞を活性化させるといった健康効果が確認され、健康のために意識して摂取するべき必須脂肪酸として注目を集めています。

オメガ3脂肪酸の効果・効能一覧

  • 美肌効果
  • アンチエイジング
  • 免疫力の強化
  • ダイエット効果
  • 生活習慣病の予防

配合量で選ぶ!オメガ3サプリメントランキング

オメガ3脂肪酸には抗炎症作用があるため、ニキビや赤みといった肌トラブルを防ぎます。また、肌代謝の促進作用により、肌のターンオーバーを正常化させるため、美肌効果に繋がります。
女性ホルモンのバランスを整える働きによって、細胞の老化を防止するため、しわやたるみの予防・改善といったアンチエイジング効果も期待できるでしょう。

体内では、抗アレルギー作用や抗炎症作用により、免疫力を高めるという大きな役割を担っています。病気に負けない体づくりには欠かせません。
また、中性脂肪やコレステロールの値を下げる効果があるため、ダイエットにも最適です。こうした効果は動脈硬化や心筋梗塞といった生活習慣病の予防にもつながります。

ここに挙げた以外にも、オメガ3脂肪酸の効能は非常にさまざま。人間の健康維持には欠かせない成分なのです。

当サイトでは、オメガ脂肪酸の持つメリットや効果的な摂取方法、おすすめのサプリメントなどをまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

オメガ3脂肪酸は何を食べれば摂取できる?

オメガ3を含む魚

オメガ3脂肪酸が含まれているのは、イワシ・サバ・サンマ・アジなどの青魚から取れる魚油です。
そのほか、鮫肝油クリルオイル(オキアミ油)、亜麻仁油などの植物油からも抽出されます。

先述したように、オメガ3の幅広い健康効果は、主成分であるDHA、EPA、DPAの働きによるもの。
それぞれの効能をまとめると、以下のようになります。

DHA(ドコサヘキサエン酸)
脳や網膜のリン脂質の成分であり、脳や神経組織の発育や機能の維持に欠かせない成分です。 このDHAを摂取することで、脳が活性化されて、情報伝達がスムーズになるという効果があります。
EPA(エイコサペンタエン酸)
血液をサラサラにする効果の高い成分です。血液の粘度を減らして血液を流れやすくしたり、血小板を凝集させる物質の生成を抑える作用があります。
DPA(ドコサペンタエン酸)
血管に悪玉コレステロールや脂質が付着するのを防ぎ、さらに血液もサラサラにしてくれます。
EPAと似た働きをする成分ですが、血管の傷を修復する効果はEPAの10倍以上とされています。

これらの働きによって、生活習慣病の予防、血液循環の向上、脳の活性化(認知症予防)といった効果が期待できるのです。

DHAやEPAは、18歳以上の男女で1日1g以上摂取するのが望ましいそう(厚生労働省発表)。
ただ、この量を食品から摂ろうとすると、小型のイワシなら2尾分、焼いたサンマなら約半尾、マグロの刺身で4~5切れとなります。毎日となると、なかなか難しい量です。

毎日効率よくオメガ3を摂取したいのなら、サプリメントなども活用するといいでしょう。

オメガ3を摂るならこのサプリ! ランキング

オメガ3脂肪酸の効果・効能実証データ

オメガ3脂肪酸を毎日摂っていると、健康にどれだけの違いが出るのか?
血液サラサラや脳機能活性化の視点から調べてみました。

魚を毎日食べている人は血管年齢が若い
富山県氷見市の漁村で毎日魚を食べている人は、脈拍が血管を伝わる速度が平均70cm/秒も遅いという検証データがあります。
これを血管年齢に換算すると、実に7歳も若い状態とのこと。
この地域では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など、動脈硬化が原因で起こる病気)での年間死亡率も低いそうです。
フィッシュソーセージ(DHA入り)で認知症予防
もう一つ、大手食品メーカーのマルハニチロが、島根大学医学部と共同で行った調査を紹介しましょう。
年齢70歳前後のお年寄り約100人を対象に、以下の調査を行ったそうです。
  • お年寄りを2つのグループに分けて、一方のグループにはDHAを含むフィッシュソーセージを、もう1方のグループには含まないフィッシュソーセージを1年間食べてもらう。
  • そのうえで、半年に1回、認知機能や記憶力のテストを実施。
調査の結果、前者のグループのほうがスコアが高くなったと報告されています。
オメガ3は脳機能を活性化し、記憶力や認知機能の維持に効果があると実証された例です。今後、認知症予防などの分野で応用が期待されています。

こうした検証データをみても、オメガ3の幅広い健康効果がわかりますね。

ちなみに、オメガ3は魚油、鮫肝油、植物油などを原料に作られますが、その中で今最も注目が集まっているのは鮫肝油由来のもの。

中でも深海に生息する鮫の肝臓は非常に発達していて、魚油由来の肝油と比べて栄養価が高く、少ない量でも高い効果が期待できるとのこと。
その他、クリルオイルに含まれるオメガ3も、栄養価を損なわせず、高い吸収力があるとして、現在注目を集めています。
オメガ3をサプリメントで摂取しようとお考えの方は、原料にも注目するといいでしょう。

オメガ3脂肪酸の健康効果
お手軽!オメガ3のサプリ比較
オメガ3脂肪酸の注目成分
オメガ3を抽出できる原料
オメガ3・オメガ6・オメガ9の違い
サイトマップ